<< いつもそばにいてくれる男 | main | untitled >>
旅のこころ
銀色夏生の詩にこういうのがある。

  あの味

「あの味というのは二度とない
 あるのは似た味

 あの時というのも
 二度とない
 あの頃もない

 あるのは今とこれからだけ」

先週までバカンスをいかして、近隣国イタリアに行って来た。
数在るヨーロッパ諸国の中でなぜイタリアにしたのかと言うと、
ひとつは、イタリアでのお花のあり方を見たかったのと、
(くわしくは、花屋アイロニーのブログにて http://www.illony.com/)
もうひとつは、コロッセオを初めとする、2000年を越える歴史を持った
古代の建造物を間近でみて、その時代を感じたかったのがある。

旅というのは、不思議なもので、
いつも以上にこころが澄み渡り、さまざまな文化を吸収しようとして
どんな異文化でも自然に体が順応していく。
そうして旅が良いものになればなるほど、その旅の終わりには、
その時間がなくてはならないものになっていて、
その間に食べたもの、交わした会話、出会った人々、街、空気、
そのすべてがいつまでも自分に続くことを望んでしまう。

そう言う意味で、イタリアは、本当に、ぼくの心を掴んでしまった。
底抜けに陽気な人達と、なにを食べてもおいしい料理と、
歴史と今が混ざり合ったような刺激的な街と、
その地で出会った人達との時間。

もうあの瞬間はないのかと思うと、心寂しくもなる。
だから人はまた旅に出るのだろう。
そんな幸せを知ってしまうと、居ても立ってもいられない。
たびのこころというものか。

さて、イタリア旅行中、噴水や泉がとても多いことに驚いた。


しかもそのすべてに、見事なまでの彫刻が施されていて、
噴水というものを見て楽しめることにとても感動した。
とくに4つ目の写真、トレビの泉は、その彫刻はもちろん、
流れる水の様から溜まっている水の様子まで、
すべてが芸術品で、うっとり見とれてしまった。

ローマの街は、昔からの石畳が残っていて、

建物との間を通るその道の端に停めてあるイタリア車が、そこにあるだけで
絵になる雰囲気がある。



建物を見上げれば、街灯にさへ小粋な装飾がしてある。



ふと迷い込んだ人気のない、道を歩いていると、
いかにもこだわった感の在る車が停まっていた。

そのくるまは、あるお店の前にあった。
看板を見ると、どうやらアンティークを扱うお店のようだった。
どうりで、その車の雰囲気にもうなずける。

店の主人はどうやら、かなりゆっくりした昼食に出たらしく、
待てども待てども結局帰ってこなかった。
なのでとりあえず窓の外から写真を撮らせて頂いた。



まちには笑い声が溢れている。
広場の多いローマでは、即席のデッサンをする人達がテントを張っている。
覗いてみると、綺麗に描写したものや、デフォルメしたものなどがある。
ある男の子がかなりデフォルメされてデッサンを受けていた。

人見知りがあり、なかなか笑わないこの男の子を、
周りを囲んだお客さんが必死になって笑わそうとしている。
笑いたそうにしているけど一線を越えないこの男の子に、
ぼくは猪木の顔まねをして「アイーっン」てしてみた。
笑いでプルプル震えて、とうとううつむいてしまった、その写真である。

街角の芸人を撮ろうとすると突然ピースをして入って来た、女の子。


みんな太陽の様に明るい。
レストランの給仕も、店の店員も、ホテルのフロントマンも、
電車で偶然隣に座ったお姉さんも。

そういえば、イタリア料理は本当においしかった。
ラザニア、ピッザ、スパゲッティ、肉、魚料理、ミラノの黄金リゾット、
シーフードリゾット、ティラミス、コーヒー、ビール。
心温まる思い出と重なって、その味は今も心から離れないでいる。

パリに帰ってからのここ3日間、
忘れられない恋人を思い出す様に
ずっとパスタを食べ続けているぼくを満たすものは
おそらくいつかまた訪れるこの地への旅なのだろう。


| Posted by kica-blog3 | - | comments(4) | trackbacks(0) |




mic (2008/08/29 9:14 PM)
なんだか
温かいほっこりな旅行記
ですね。
次回また行きたくなるような
旅 楽しみにしています

ken tanaka (2008/08/29 11:58 PM)
micさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。
イタリアは、心温まる国でした、本当に。
次回は、花の大国、オランダに住む友達を訪ねていく予定です。
また素敵な出会いがあればいいなあと思います。






pistachio (2008/09/01 12:30 PM)
tanaka-san:
お花のブログからお邪魔します。
こちらもとても素敵ですね!
色褪せや&#21085;げた石壁も温かいですね。
住む人達が人間ぽく生きているからでしょうね。
tanakaさんの「あの味」シェアさせて頂きます。
パスタが食べたくなりました!

ken tanaka (2008/09/02 5:00 AM)
pistachioさん

ようこそ。
アイロニーさんのブログとは少し違う内容なので、
こちらも楽しんで頂けると幸いです。
今晩は、魚介のリゾットを作りました。
リゾットはいいですよ、手間がかかるけど。












url: http://pal.kica.co.jp/trackback/989489



calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


Recent Entry
archives
recent comment
search this site.