<< 旅のこころ | main | あなたがそこにいるだけで >>
untitled
実のところ、自分が本当はなにを求めていて、
そのためにはだれ彼のためにどう生きて、
自分の人生のためにはどの方へと向かえばいいのかなんて
あまり分かっていない。

だから、その瞬間瞬間で、たくさんの人達に迷惑もかけ、
助言を受けても、やっぱり自分の道を歩いて失敗もして、
頭を打って、そこでようやくそれが違う道だと分かって、
もう一つの道を辿ってゆく。

むかしからその生き方は少しも変わらない。
不器用だと周りからはさんざん言われて来たけれど、
なぜそれでもこの生き方を変えないのか、分かりますか。

ぼくは人間臭い生き方が好きなのです。
ダメなところも、いいところも、情けないところも、
一粒の魅力も、全部全部さらけ出して、
目の前の自分をひとつひとつ拾って歩きたいのです。
おかげさまで、お叱りを受けることの多い人生ですが、
有り難いことに、そんなぼくを知っている方ばかりで、
みんながあたたかく怒ってくれるのです。

しかしながら、パリに来てから、ひとつだけ、
目標を立てていることがあります。
このまま花屋として、または職を変えざるを得なくなったり、
はたまた再び運命の仕事に出会うかもしれないけれど、
どのみちを通っても、ぼくはこれからもパリで生きていきたいと
思っています。ずっと、おじいさんになっても。

夕方のパリには、素敵な老人達が、
待ち行く人の足をとめて、しばしの幸せな時間をくれます。
ノートルダム寺院の後ろからサン:ルイ島に渡る橋の上では
長年の悪友がジャズを奏で、そのころモンマルトルの丘の上では、
ヴェスパで大きなオルゴールを引いてやってきて、
それを奏でながら歌う年配の女性。

そこには、かれらの今までの生きて来た人生は映っていません。
あるのは、年老いても、いまを楽しむ彼らの瞬間。

このまちでぼくもそれを作っていきたいのです。










| Posted by kica-blog3 | - | comments(5) | trackbacks(0) |




pistachio (2008/09/10 11:53 AM)
tanaka-san:

新しいのが更新されていました!

どんなに揺れてもいいから自分を裏切らないで。
そんな声が聴こえます。
振り子が大きく振れる時は、身を任せてみる。
自分の中心に必ず戻ってこれるから、心配しなくていい。
でもみんなの中にちゃんといるtanaka-sanを感じます。

ご近所の方に鈴虫を毎年もらいます。
朝も夜も、澄んだ声で鳴いてくれます。



ken tanaka (2008/09/11 5:03 AM)
pistachioさん

こんばんは。
いつもぼくの言葉下手な文から
すべてを拾って頂いてとてもうれしいです。

鈴虫、一時期自分のお店で飼っていました。
わざと見えないところに置いて、
お客さんを驚かそうと。

結局虫が大好きな少年に全部あげちゃいましたが。

今年、パリでの鈴虫の鳴かない夏は、
だからかな、少し寂しかったです。

you (2008/09/18 9:13 PM)
kenさん、こんにちは。

kenさんの文章はいつも一冊の本を読んでいるような・・・そんな気持ちになります。
何回失敗しても、転んでも・・・
私もいつも自分らしく居たいと思っています^^

全部さらけ出せる人ってなかなかいないですよね。。
だけど、嫌いにならないできちんと怒るときには怒ってくれて、
がんばったときには褒めてくれて・・・
離れていても、傍にいてくれるような・・・友人達にいつも感謝しています。

今回の日記を拝見して、
改めて周りの人たちの大切さも実感できました☆
ありがとうございます☆

kenさん、これからもがんばってくださいね♪

ken tanaka (2008/09/19 4:41 AM)
youさん

こんばんは。
そうですね、周りの人達、家族。
今まで自分勝手に生きて来たせいか、
今頃になって、その有り難さをひしひしと
感じています。

今まで受け止めきれずに跳ね返してしまった言葉、
自分のために言ってくれていたのに、
自分のことを考えてくれていないと言ってしまったこと、
それらを想い返す様に、頭の中をよぎり、
今もう一度その言葉に応えるべく、
がんばっているつもりなのです。

良くわからないかもしれないですが、
人からもらった温かい言葉は、
しっかりと味わって、
心にしまって生きたいものです。



- (2008/09/22 11:18 PM)
管理者の承認待ちコメントです。










url: http://pal.kica.co.jp/trackback/1003520



calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


Recent Entry
archives
recent comment
search this site.